辞書
〓虎とウサギがいた部屋〓

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

〓虎とウサギがいた部屋〓

虎ファンのオッサンが書く、寂れた部屋へようこそ。
グダグダな日記です。 ほんまにグダグダです・・・
マイペースで我侭なオヤジですので気長にお付き合いしていただける方大歓迎!!
失礼な事満載、気短な方は我慢ならんかも・・・・あしからずご了承願います。

strong Japan!!

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 野球ブログ 阪神タイガースへ

Tigers forever


大阪の税理士が送る阪神
Tigers now

Hits of PH Kuwano


現在の閲覧者数:
RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACK

ARCHIVES

Category

PROFILE

LINKS




Right stand

Baseball pleyer









Motor sports

OTHERS

banner


Since November 2006
〓'20.04.03のつぶやき〓
episode5639  4680th day



おだやかな・・・・


ふと街並みを見ると
桜、満開ですな・・・・

世の中は大騒ぎしていますが、
花を見て

(´▽`)

ホッとする自分。


早く日常が戻ってきますように・・・・



マスク二枚でも頂けたら有難い。




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 20 Diary | 21:54 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'20.04.01のつぶやき〓
episode5638  4679th day



ようやく・・・・


3月31日ををををもちまして、
町内会長のお役目終了。

お休みも休めず・・・・

雑多な用事を消化して・・・・


今日からは少しお気楽になりました。



世の中は大変ですが・・・・
我慢の毎日。

少しでも笑顔でいられるように、
感性を高めて楽しもうかね。

人ごみを避けながら。




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 20 Diary | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'20.01.08のつぶやき〓
episode5637  4678th day



あけまして・・・・


あけましておめでとうございます・・・・

明けすぎましてかな??



さてさて・・・・・

年末年始も休みなく
6日は徹夜明けで休んで
7・8はようやくお休み。

明日からまた仕事・・・・

新年早々
会社のカップ麺はネズミに食べられるし
マイカーは猫を轢いてバンパーが割れるし


今年は幸先悪いなぁ。

はぁ〜・・・・




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 20 Diary | 21:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.12.31のつぶやき〓
episode5636  4677th day



早いもので・・・・


配置転換から2年目
未だ仕事は落ち着かず。

4月からは町内会長も・・・・

休みが休みで無くなり


そんな中・・・・

タイガースは弱いし・・・・


でも
桜の強さに癒されて。


2019年はしんどかった。


ジャンボで10万当たって
終わりよければ全てよし

かな・・・・・


良いお年を〜





↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19 Diary | 22:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.11.16のつぶやき〓
episode5635  4676th day



マサよ・・・・


タイガースは只今秋季キャンプ中!!

元ドラゴンズのエース
山本昌が臨時コーチをば・・・・・


さぁシンタロちゃんが
タイガース投手陣がどう変わる??



楽しみだわ。




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19-20 Tigers | 20:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.11.04のつぶやき〓
episode5634  4675th day



束の間の・・・

ご近所のピザ屋さんが11月で閉店するということで・・・・

讃岐に居るチョ・ナンボウがこの3連休で帰省
(金曜日深夜に到着)

日曜日の晩は久し振りに全員そろって・・・・
※女房方の家族と8人でね。


そのチョ・ナンボウは
今日帰っていきました。
※今日のお昼は私方の両親と・・・・


土・日・月と仕事&町内会活動で
話す時間も短かったけどね・・・・



また年末までお別れです。

といいつつ
この年末年始は一日も休みないかも・・・・







↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19 Diary | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.11.03のつぶやき〓
episode5633  4674th day



兵どもの夢のあと・・・

昨日でラグビーワールドカップ2019 日本大会が終わりました。
南アフリカの3回目の優勝で・・・・

にしても
こんなに真剣にラグビーを見たことなかったなぁ。

ラグビーがこんなに熱くて爽やかなスポーツだとは思わなかった。

サッカーと逆転しましたね。
私の中の好感度は・・・・・



予選リーグ
2019.9.20
日本 30-10 ロシア(東京スタジアム)

前半 5分 ロシア・ゴロスニツキーのトライ&コンバージョン
前半12分 日本・松島のトライ
前半38分 日本・松島のトライ&田村のコンバージョン
後半 4分 日本・田村のペナルティーゴール
後半 7分 日本・ラブスカフニのトライ
後半21分 ロシア・クシナリョフのペナルティーゴール
後半24分 日本・田村のペナルティーゴール
後半29分 日本・松島のトライ&松田のコンバージョン

2019.9.28
日本 19-12 アイルランド(エコパスタジアム)

前半14分 アイルランド・リングローズがトライ
前半17分 日本・田村のペナルティーゴール
前半21分 アイルランド・カーニーがトライ&コンバージョン
前半17分 日本・田村のペナルティーゴール
前半39分 日本・田村のペナルティーゴール
後半18分 日本・福岡のトライ&田村のコンバージョン
後半31分 日本・田村のペナルティーゴール


2019.10.05
日本 38-19 サモア(豊田スタジアム)

前半 2分 日本・田村のペナルティーゴール
前半 8分 日本・田村のペナルティーゴール
前半10分 サモア・ヘンリー・タエフのペナルティーゴール
前半15分 サモア・ヘンリー・タエフのペナルティーゴール
前半24分 日本・田村のペナルティーゴール
前半28分 日本・ラファエレ・ティモシーのトライ&田村のコンバージョン
前半32分 サモア・ヘンリー・タエフのペナルティーゴール
後半 5分 サモア・ヘンリー・タエフのペナルティーゴール
後半11分 日本・田村のペナルティーゴール
後半14分 日本・姫野和樹のトライ&田村のペナルティーゴール
後半32分 サモア・ヘンリー・タエフのトライ&コンバージョン
後半34分 日本・福岡のトライ&田村のコンバージョン
後半44分 日本・松島のトライ&田村のコンバージョン


2019.10.13
日本 28-21 スコットランド(横浜国際総合競技場)

前半 6分 スコットランド・フィン・ラッセルのトライ&グレイグ・レイドローのコンバージョン
前半18分 日本・松島のトライ&田村のコンバージョン
前半26分 日本・稲垣のトライ&田村のコンバージョン
前半39分 日本・福岡のトライ&田村のコンバージョン
後半 2分 日本・福岡のトライ&田村のコンバージョン
後半10分 スコットランド・ネルのトライ&グレイグ・レイドローのコンバージョン
後半15分 スコットランド・ファーガソンのトライ&ラッセルのコンバージョン


予選プールA
1位 日 本    勝点19(4勝0敗)
2位 アイルランド 勝点16(3勝1敗)
3位 スコットランド 勝点11(2勝2敗)
4位 サモア 勝点5(1勝3敗)
5位 ロシア 勝点0(0勝4敗)


決勝トーナメント
日本 3-26 南アフリカ(東京スタジアム)

前半 3分 南アフリカ・マカゾレ・マピンピのトライ
前半20分 日本・田村のペナルティーゴール
後半 3分 南アフリカ・ハンドレ・ポラードのペナルティーゴール
後半10分 南アフリカ・ハンドレ・ポラードのペナルティーゴール
後半23分 南アフリカ・ハンドレ・ポラードのペナルティーゴール
後半26分 南アフリカ・ファフ・デクラークのトライ&ハンドレ・ポラードのコンバージョン
後半30分 南アフリカ・マカゾレ・マピンピのトライ


ぽっかりと穴が開いたような。

また見てみたい
生で見てみたい

そう思った大会でしたな・・・・・


ワールドラグビーのビル・ボーモント会長が大会を総括した。

 優勝した南アフリカ代表については、「傑出したラグビーを続け、ウェブ・エリス・カップを掲げるにふさわしいチーム」と称賛。アイルランド代表、スコットランド代表という強豪を破る快進撃で初のベスト8入りを果たした日本代表については、「日本代表の驚くべきパフォーマンスも、間違いなく大会の最も記憶に残る瞬間でした」と振り返る。

 台風という非常に困難な災害に対する日本の対応については、「このすばらしい国の人々の回復力と復興への決意の表れであると感じます。我々は、この悲劇的な出来事の影響を受けた全ての人々について思い続けています」と語った。

 そして最後にこう結ぶ。
「ラグビーワールドカップ2019が記憶に残る大会であるために、全力を尽くした全20チームと関係者の皆様に感謝したいと思います。日本大会はさまざまな意味で記録を破り、ラグビーの印象を劇的に変えたのです」

 大会組織委員会の嶋津昭事務総長は、「数々の熱戦、名勝負は、世界中から注目を集め、日本中を夢中にさせました。ラグビーワールドカップ2019日本大会は、多くの人にとって永く記憶されるであろう、すばらしい大会となりました。この大会を本当に特別なものにしていただいた全ての選手、海外そして日本のファンの皆様にあらためて感謝を申し上げます」とコメントした。

 今大会の盛り上がりは、ラグビーのゲームの魅力とともに、選手の振る舞いなど、ラグビーの持つ「品位」「情熱」「結束」「規律」「尊重」という5つの価値が日本人の心に響いたのではないかと嶋津氏は見る。
「この大会が多くの日本人、アジアの人々にとってラグビーへの理解や関心を深めることにつながり、今後の世界的なラグビーの普及発展に結びつきますことをお祈りいたします。私ども組織委員会は、2023年フランス大会の組織委員会に向けて、しっかりとバトンをつないでまいります」




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19 Diary | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.10.26のつぶやき〓
episode5632  4673th day



実に楽しい・・・

ラグビー・ワールドカップ・・・・
桜の戦士たちが頑張ってくれました。


ベスト8に・・・・・

地元開催という地の利はありましたが
でもスゴイ!!

2015年の南ア戦は奇跡と言われたかもしれないけど

今年は・・・・・
もう世界で戦えるチームです。

今冬はトップリーグを見に行きたいな・・・・
生で見てみたい。



にしても
あれだけ熱い肉弾戦をしても
爽やかさを感じるのは??
サッカーと違いを感じるのは??


おそるべしノーサイド精神




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19 Diary | 20:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.10.25のつぶやき〓
episode5631  4672th day



改革その2・・・

おかえりなさい
現役時代はいつも笑っている・・・・

そんな印象がありました。


それと・・・・・
代打満塁サヨナラ優勝ホームランね!!
近鉄だけと・・・・


北川博敏打撃コーチ就任会見
北川博敏打撃コーチ
―阪神タイガースの打撃コーチに就任した今のお気持ちをお聞かせください。
こんな体型をしていますが、身の引き締まる思いです。まさかこんなに人がいる中で会見すると思っていなかった分、さすがタイガースだなと思っています。
―19年ぶりのタイガースのユニフォームですが、再びタイガースのユニフォームに袖を通す今の気持ちはいかがですか。
正直想像をしていなかったので嬉しいといいますか、初めてプロの世界に入ったときのユニフォームを着れる喜びがすごくあります。
―コーチの要請のお話はどなたからありましたか。
矢野監督から連絡がありまして、「力を貸してほしい。タイガースの打者の底上げを手伝ってくれないか」というお話をいただきまして、前向きに考えさせてもらいますと答えました。

―今年までライバルチームに在籍されていましたが、今年のタイガースのバッティング面を見て、何か思われることはありましたか。
ヤクルトではファームにいたので一軍の試合を見る余裕がそこまで無く、タイガースの選手の印象は正直まだ白紙状態です。この秋季キャンプから真っ白な気持ちで普通の目線で一人一人選手を見ていきたいという気持ちもありますし、当然選手も僕のことを何も知らないと思うので、モンスターにはなれないですが僕もコミュニケーションを取っていきたいと思います。
―今年のタイガースは得点力に苦しんだのですが、来シーズン改善していくためには、北川コーチは何が必要だと思われますか。
得点力と考えたときには”取れる時にしっかり取る”という事が大事になってきますし、そういうことでは無駄なアウトにならない、意味のあるアウトというものもすごく大事になるので、その意識というものを選手には植えつけていきたいと思います。
―先ほど本部長から勝負強さ、準備力を期待したいというお話がありました。
勝負力といいますか、半分は運だと思います。あとは負けん気の強さ、技術以外の精神的な部分があると思うので、そういうものを僕が経験してきたことと他チームで色々学んだことを選手に伝えること、いいアドバイスが出来ればと思います。
― タイガースファンにメッセージをお願いします。
19年ぶりに戻ってきました。どこまでチームの力になれるか分かりませんが、僕を育ててくれた球団ですし、精一杯恩返しが出来るように強いチームを作っていく中で一員になれたらいいなと思っていますので、お手柔らかにお願いします。

※タイガース公式ページより


チャンスをピンチと感じる若トラ・・・・・
チャンスはチャンスだということを
マインドを変えてくれ
貴方の笑顔で。




↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19-20 Tigers | 20:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
〓'19.10.21のつぶやき〓
episode5630  4671th day



改革・・・

ドラゴンズの井上一樹がタイガースの打撃コーチに・・・・
矢野監督だからできた招請。

だから高校生5人??
でも1軍コーチだもんね・・・・・

燻ってるのを
鍛えなおしてくれ・・・・・

井上一樹一軍打撃コーチ就任会見
―一軍バッティングコーチに就任となりました、今の率直な思いをお聞かせください。
僕は、阪神タイガースは特別な球団だと思っています。僕もセントラル・リーグで戦っていた中で阪神戦・巨人戦というのは特別な思いがありました。今回の就任に際してすごく悩むところもありました。ですが、チャレンジといいますか特別な球団なだけにやりがいもあるのではないかという気持ちを持ってきました。責任は重いと思っています。
―現場復帰は久しぶりになるので、高ぶるところもあるのではないですか。
そうですね。6年間解説業をやっていましたから外から見ている野球が多く、阪神は名古屋から近いこともあり、甲子園にはよく来ておりましたが、プロ野球選手・高校球児の聖地である甲子園球場で阪神タイガースの選手は毎日試合が出来るというのは、幸せなことだなといつも見ていました。まさか自分がその一員に入れるとは少しも思っていませんでしたが、高まる部分と不安な部分が交錯しています。
―現役・コーチ・二軍監督とドラゴンズ一筋でドラゴンズのユニフォームを脱ぐことに、おそらく悩みもあったかと思いますが、それを乗り越えた決め手は何ですか。
鹿児島出身ですが、名古屋に30年おりドラゴンズ一筋でした。僕の中で一筋というのが、最大の強みだと思っておりました。しかしながら野球人としてのスキルを上げるためには、逆をいえば弱点なのかもしれないと思っていた中で矢野監督から「ウチで頑張ってくれよ」と言葉をいただいて、そこで挑戦する、一歩踏み出すことを強く押していただいて、決意しました。

―矢野監督の考え方(野球観)の中で一番共感できるところはどのようなことですか。
今年から一軍の監督で頑張っておられるのを見てきました。喜怒哀楽が激しいといいますか、例えば「楽しんでやらなきゃ、見ているファンも楽しめないよ」という考えは全く一緒です。性格的によく似たタイプかと思いますので、「それだめだよ」という点は見ていて全くなかったです。僕は年下ですが、矢野監督には「もっとこうした方がいいのでは」と言える立場でありたいと思っています。
―今年の打撃陣を解説の立場から見られていてどのように感じておられましたか。
今年はどちらかというと投手陣が目立ったチームでしたが、打率が2割5分くらいでしたか、これを1分上げること、得点力を上げること、そして尚且つ助っ人外国人もあるかもしれませんが、もう少し長打力を上げたいというのは、僕は無理ではないと思っています。あと僕は技術云々よりも選手のモチベーションを上げるためにハートをくすぐる“コミュニケーションモンスター”になりたいと思っていますし、そこが一番かなと思っています。
―具体的に目に留まった選手を教えていただけますか。
今年頑張った近本選手やショートの木浪選手、あと個人的には、北條選手がガッツあるように見えます。まだ話をしていないのでどのような選手なのかは分かりませんが、僕はガッツある選手が好きです。
―タイガースファンにメッセージをお願いします。
覚悟の上で来ていますが、もちろんやるからには責任を持ってやります。甲子園球場での野球がちょっと変わったよねというところを見せるためには、選手がやらなきゃダメなのです。選手が変わったねというところを僕の助言や指導で持っていけたらなと思いますので、喜びは大きく、叱咤は小さくでお願いします。

※タイガース公式ページより



投手コーチも入れて
シンタロちゃんを何とかしてくれ!!



↓代打桑野へのヒソヒソ話しはコチラへ↓
| 19-20 Tigers | 20:13 | comments(0) | trackbacks(0) |